キャッシング 即日融資ならココ!最新情報ナビはコチラ!!

キャッシング 即日

・キャッシングを利用する際、気になる利息の計算方法ですが、
 借入の返済シミュレーションのある、ナビナビキャッシングを使うと簡単です。

銀行カードローン 即日

プロミス 土日

・一般的に年利が18.0%の場合、30日間で10万円の借入を行うと、
 大体1,500円の利息となります。

・ほとんどのキャッシングでは、年利を18.0%の上限金利にしています。
 因みに悪徳業者とは法廷金利を超えて20%以上でお金を貸したりしますので注意してください。

自分で利息を計算しなくてはならない・・と考えると、何だか難しそうでいやだな、
と思う方も多いのではないでしょうか?
しかし現在では、それぞれの金融機関のホームページによる、シミュレーターに利息や
返済間を計算する機能が付いていますので、自分で利息を計算しなくても大丈夫です。

しかしながら、利息の計算方法を解っていると色々と便利な点もあります。
普段の生活においても、一定の利息を計算できると、借りる事に
抵抗感が無くなりがちな気持ちを抑える事ができますし、
どんどん返済したくなる気持ちが保てます。
しかも、利息の計算をいつでも簡単に行えれば、
支払総額が金利の違いによってどの位変化するのかも理解できるようになりますので、
自分の目や勘により、法定金利以上で行う悪徳業者を避ける力が身に付きます

⑴・1か月分を支払う場合の利息計算の方法について

キャッシングを利用する時、「年利が○○%」などと言う言葉を耳にする事もあると思うのですが、
どの位の金利が毎月発生するのかについて、イマイチ良く理解できない人もいると思います。
それでは早速、一か月分を支払う時、簡単に行える計算の方法についてご説明いたします。
例えば年利と言うのは、一年間の内に必要な金利の事を言います。
一か月分に支払う金利の計算方法は次の通りです。

(キャッシングから借入金額×年利%÷1ヶ月分(30日か31日)=1ヶ月に支払う金利)

この公式だけをみると余計に考えるのが面倒でいやになりそう・・
と言う人の為にもっと具体的な例を挙げて計算してみたいと思います。

・年利18%で10万円を、30日借りる時→借入10万円×18%(0.18)÷365(年間)×30(1ヶ月)=1.480円

・年利15%で10万円を、30日借りる時、→借入10万円×15%(0.15)÷365(年間)×30(1ヶ月)=1.233円

取り敢えず、何となくご理解出来ましたでしょうか?
つまり、簡単に言ってしまうと借入れた金額に設定されている金利を掛け、
年間の365日で割り、月の30日を掛ければOKなのです。
返済の数式だけを眺めていると、大変ややこしそうに見えますが
実はすごく簡単でシンプルな計算方法です。
しかし、それでもやっぱり面倒下さいな~と感じる方に以下の計算方法をお勧めいたします。

(借り入れた金額×年利÷12(年間)=1ヶ月分支払う金利)

上記で示している10万円で年利が18%の場合で計算すると1.500円です。
あくまでも概算的な計算で正確と言う訳ではありませんが、一応の目安として参考にしてください。

◇アコムを参考にした場合・・・

アコムを例にすると、実質の年率が4.7%~18.0%の金利となります。
例えば金利が18%に設定したとすると、30日間で発生する利息は、借入が10万円の場合で、

●借入10万円×18%(年利)÷365(年間)×30(1ヶ月)=1.479円

●借入30万円×18%(年利)÷365(年間)×30(1ヶ月)=4.438円

●借入50万円×18%(年利)÷365(年間)×30(1ヶ月)=7.397円
    
                     
                      

初回でアコムに申し込む場合、契約が成立した次の日から、
30日間、金利がかからないと言う利点があります。

2・利息の総額を計算する方法について

計算が少し難しいと感じるのは総額で利息の計算をする場合です。
始めての時の計算方法は上記で示した通りですが、その後に返済がスタートしますので
本人が返済した金額から借入金額を差し引いて、残っている借入残高により同様の計算をします。

例えば一年間返済した場合の総支払金利を確認したければ12回ほど計算を行う必要があります。

 「初回の月・借入金額×年利%÷365(年間)×30日か31日(1ヶ月)=金利(1ヶ月)

 「借入翌日以降・(借り入れた金額-返済する額)×年利%÷365(年間)×30日31日(1ヶ月)」

              ・・以上、12回同様に行います。

◇年利15%で60万円を借り入れて、1ヶ月に5万円ずつ返済する場合。

 ・初回の月・60万円×15%(年利)÷365(年間)30(1ヶ月)=7.397円

 ・借り入れた翌月・55万円×15%(年利)÷365(年間)×30(1ヶ月)
 
 ・借り入れた翌々月・50万円×15%(年利)÷365(年間)×30(1ヶ月)=6.165円

これらを次々と繰り返します・・・
キリがなくてちょっと面倒な感じがしますよね。
そんな時には、キャッシングの金融機関にあるホームページでシミュレーターを使って
簡単に計算すると良いでしょう。その方が間違いもなく確実です。
なお、ナビナビキャッシングでも、返済シミュレーションが利用できますのでお勧めいたします。

3・トイチの年利を計算するといくらになりますか?

最近、トイチと言う言葉を良く聞きますよね。
トイチを金利に直した場合、一体どれ位になるのか計算してみましょう。
トイチと言うのは、1割の金利が10日ごとに発生する事です。
例でみると、100万円をトイチで借入すると、10万円の金利が10日に一度付きます。
因みに千円より下は切り捨てで、単純計算してみると

・借入から10日目・・100万円+10万円=110万円

・借入から22日目・・110万円+11万円=121万円

・借入から30日目・・121万円+12万円=133万円

一年間分繰り返してゆくと金額が解ります。
例えば、一年の間、全然返済をしなかった場合の利息を計算すると何と、
3091万円の借金を背負う事になってしまいます。
年利で3091%だなんて、まるでドラマの中の話みたいに思えてしまいますが
トイチとは、この様にびっくりする程の高金利となります。

◇トイチの正式な計算方法を説明致します。

『本人が借入る金額×(1.1)∧(365/10)』

しかし、日本による正規のキャッシングによる賃金業者を利用する場合、
この様な金利は認めていませんので大丈夫です。

4・金利の上限とはどの様になっているのでしょうか?

金利の計算方法は以上の通りです。
次に、日本国内による金利の上限がどの様になっているかを説明致します。
日本でお金の借入を希望する本人に足してお金の貸し借りを対象に商売をするためには、
金融庁に申し出を行い、許可を取らなければなりません。

次に、許可をもらった業者は、国で定めた法律の「賃金業法」を守る義務があります。
国が定める金利上限の法律は次の通りです。

・10万円より下の金額を融資する場合→20%

・100万円未満の金額を融資する場合→18%

・100万円以上の金額を融資する場合→15%

最近のキャッシング利息は、上限金利で18%年利の設定をしているケースが多く見られます。
ところで、これよりも上限を超えてお金の借入を行った場合、
国の法律的には、「一切の返済をする義務はない」と言われています。
例えば30%の年利でお金を借入る時には、法的な点からすると返済する必要はありません。

しかし、あくまでも法律上での話です。
なぜなら法律を無視する悪徳業者からの取り立てに
対抗できる力を持っている一般人は稀だからです。
取り敢えず、警察に連絡をすればそれなりの対応はしてもらえるでしょう。
しかし警察による身辺警護にも限界があり、けして安心はできません。
いくら高額のお金が必要だからと言っても、法定金利以上の貸し出しを行う悪徳業者には
近寄らない様にくれぐれも気を付けてください。

 5・まとめ

金利の方法を色々と説明してきました。
でも、一ヶ月の金利計算の方法なら以外に簡単みたいです。
それでも、ちょっとややこしいな・・と感じた方は、
「借入金額×年利÷12=一か月分の金利」だけを覚えていただければ大丈夫です。

やっぱりどうしても計算が面倒くさいな・・
と思った時には、会社で行っているシミュレーターを利用すればOKです。

悪徳業者から、うっかりお金を借りない為にも、
出来れば簡単な金利計算や上限金利を理解しておくと良いでしょう。

浮気の相談

キャッシング 即日融資
キャッシング 即日融資
キャッシング 即日融資
キャッシング 即日融資

キャッシング 即日融資
キャッシング 即日融資
キャッシング 即日融資
キャッシング 即日融資
キャッシング 即日融資

お嬢様酵素